2022年6月18日土曜日

タケの伐採作業 その2

 みなさまこんにちは,よしだです。

 先月はカピバラのお食事用として竹を伐採したところですが,こんどは学内,マルチメディアセンターから伐採のご依頼がありました。七夕飾りに人工の飾りを使っていたものの,強度が不十分だったため,竹の枝を使いたいとのことでした。この時期らしいご依頼です。

 というわけで先日,マルチメディアセンターの職員さん2名とともに伐採をしてきました。竹林に入って枝ぶりの良さそうな竹を探して切ります。

のこぎりで切っています
*この写真はマルチメディアセンターの方に撮っていただきました

 斜面を引き上げるだけに少しだけ苦労もしながら,道路へ竹を運び出しました。下の写真で2分割ですから,かなり長い竹だったのがお分かりかと思います。

 この竹についていた枝が切り取られ,ラーニングコモンズでこんな感じに!
七夕飾りらしくなりました!
やっぱり本物の竹がいいですよね!?
*この写真はマルチメディアセンターの方に撮っていただきました

 みなさんの願い事,たくさんありそうですが,この竹の枝が(物理的に)しっかりと受け止めてくれることを願っています!

 

2022年6月15日水曜日

小鳥の救護

  みなさまこんにちは,よしだです。

 東海地方で梅雨入りが発表されたきのう(6/14)の朝,1限の授業に行こうとしたところ,6年生の学生さんが「外で小鳥が倒れています!」と研究室にやってきました。早速カメラを持ってその場所に行ってみました。

あらら…
 
 ぐったりはしているものの,意識はありました。ちょうどガラス張りの出入口のある場所で,おそらくガラスに衝突してしまったのでしょう。人通りのある場所だったので,隅の方に移動させました。
おとなしくしています
 
 鳥がガラスなどに衝突するというのは,私の見聞きするだけでも,大学の中で1-2年に1回くらいはあります。すでに死んでいるケースもありましたが,脳震とうを起こして動けず,しばらくして飛び去って行くことが多いです。なので今回もしばらくすれば自分で飛んでいくだろう,と思っていました。
 
 がしかし,1限の授業から戻ってみると研究室に置き手紙がありました。
なんて親切なんでしょう!
 
 そう,私が鳥を置いた場所には,ネコが来るかもしれません。この学生さんも1限に授業があったのですが,心配になって戻ってきて,移動させてくれたようです。2階の渡り廊下ではこんな感じでした。
対応が優しいです

 この渡り廊下も人が多く通るので,学生さんも先生もみなさん気にかけてくださり,ある先生は「寒いかもしれないので」とキムタオル(実験用の紙タオル)を持ってきてくださり,お昼時には別の先生が実験用の脱脂綿を,また別の学生さんは使い捨てカイロまで提供してくださいました。みんな優しいです。
 ところが,このころから口から出血が始まりました。外傷であればすぐに出血するはずですが,3時間以上も経って出血が始まるというのはちょっと変です。
 
 出血はなかなか止まりません。この日はしとしと雨が降る肌寒い日。風が当たらない方が良いのでは?と思い,午後は私の研究室に収容しました。眠いのでしょうか,目を半分閉じていることもありました。しかしその後目が覚めたように意識が戻り,羽をばたつかせたりもしたので元気になってきたのかな?と思いました。お腹が空いているかも?ということで,研究室にあった缶詰のみかんやハチミツをあげてみましたが,食欲はありませんでした。水は少し飲むくらいでした。
 
 ところが,夕方にはお亡くなりになってしまいました。元気な様子を見せていた頃から30分も経たないうちのできごとでした。私も何が起きたのかにわかには信じられませんでしたが,心配して様子を見に来た学生さんたち・先生方もびっくりしていました。病理学に明るい先生(脱脂綿を提供してくださった先生です)が,このあと調べてくださったのですが,頚椎の損傷と,内臓で大量の出血がありました。かなりの重体だったのです。おそらく獣医の先生であっても,これは助からなかっただろうと思います。
 
 期待していた結果にはならず残念だったのですが,わずか数時間とはいえ,この鳥も重症を負いつつがんばって生きていたのですね。そして同時に,学生さんたちや先生方の優しさを感じた一日でした。
 

2022年5月28日土曜日

タケの伐採作業

 みなさまこんにちは,よしだです。

 まだ5月なのにかなり暑い日が続いていますが,きょう(5/28)もそんな暑さを感じつつ,タケの伐採作業が行われました。伐採したのは,栄にある名古屋ECO動物海洋専門学校の先生方と学生さんたちです。

 この専門学校ではカピバラを飼育しているそうなのですが,カピバラはタケの葉も好物だそうです。パンダならともかく,カピバラまで好物だとは私は全然知りませんでした。ちょっと意外な感じがしますね。

 そのタケの葉を,同じ名古屋市内から定期的に供給したいとのことで,別の先生の仲介で私のところに打診がありました。竹林の拡大は,大学の森を保全するためにもできるだけ阻止したいですから,竹を切って有効利用してくださるのは,大学としても大歓迎! 難なく話がまとまりました。 

 今日は第1回目の伐採で,先生お二人と学生さん三名が来られました。早速良さそうなタケが見つかり,鋸で根元を切って伐倒しました。10 m程もある大きく育ったタケで,枝ぶりも良く,これ一本で十分な量の葉が得られそうでした。

伐倒したタケを運び出しやすいよう,
三分割にしているところです

  竹林から空き地までタケを運び出し,ハサミで枝を取っていきます。
思っていたよりも枝が硬くて大変そうです

 枝はビニール袋にきれいに梱包されて車に載せられました。不要となる幹の部分は,将来的に金城で竹炭になる見込みですが,もしかすると一部は,流しそうめんで活躍してくれるかもしれません(笑)。
 
 今回来られた先生方も学生さんも慣れた手つきで順調に作業が進みました。皆様おつかれさまでした。お互いにとってメリットのあるこの伐採作業,これからも続いていく予定です。

 

2022年5月24日火曜日

もうすぐ巣立ち?

 みなさまこんにちは,よしだです。

 今日,学生さんたちと八竜湿地の見学に出かけようと,図書館横の大きな木の下の道を歩いていたところ,巣穴から顔を出す鳥がいるのを学生さんが見つけました。


 キツツキのコゲラです。巣穴から顔を出しているのはヒナのようです。私はこの通路を何度も通っていますが,これまで全く気が付きませんでした。そもそもよく人の通るルートの上ですが,コゲラは人間をあまり気にしていないのでしょうか。

 ヒナはすでにかなり成長していますね。元気に巣立ってほしいものです。




2022年5月3日火曜日

福井県の山で花めぐり

 みなさまこんにちは,よしだです。

 3年ぶりに緊急事態宣言もまん延防止等重点措置もない5月の連休となりました。久しぶりに連休にお出かけという方も多いと思いますが,私も日帰り登山で福井県勝山市の取立山(とりたてやま)という山に登ってきました。

 取立山・・・ずいぶん変わったネーミングですよね。「取り立て」を使って言葉を作りなさいと言われたら,ほとんどの人が「借金の取り立て」と答えそうですから(笑)。実際の由来もやっぱり「取り立て」らしく,江戸時代,加賀から越境して来る農民に年貢を取り立てていたのだそうです。

 そんなちょっと怖い?名前の由来はさておき,この時期の取立山は花真っ盛り! 次々といろいろな花が登場して全く飽きることがありませんでした。今回は花の写真を中心にご覧いただきましょう。

イワウチワの花です。ちょうど見頃でたくさん咲いていました。
色も形もよく目立ちます。

イワナシの花です。こちらはひっそり咲く感じでしょうか。
花自体はとてもかわいらしいですね。

コブシの仲間,タムシバの花です。
モクレン科らしい大きな花でよく目立ちます。

クロモジの花です。よい香りがすることで有名な植物ですね。
花は小さいですが黄色なので目につきやすいです。

マメザクラの花です。桜らしい花ですね。
ソメイヨシノのような派手さとは対極の,おとなしい咲き方です。

春になると「まず咲く」から名前がついた「マンサク」です。
標高の高い冷涼な気候だからか,ここでは他の花と一緒に
春を彩っています。

山頂に近づいてきました。まだ雪がたくさん残っています。
雪の上を歩くスノーハイキングもまた楽しいです。

取立山の山頂に着きました。標高は1,307 mです。
東にはどーんと白山がそびえています。あちらの標高は2,702 mでここの
倍以上。さすがに雪が多く,その名の通り「白い山」になっています。 

取立山山頂からさらに進んで少し下ったところにミズバショウの群生地
があります。花はまだでしたが,雪が融けたところから早速芽が出て
いました。冬から春への移ろいが,まさにここで起こっていますね!

 取立山は最後の写真のミズバショウで有名だそうですが,まだ咲いていないからか,往復で10人ほどしか会わない静かな山登りになりました。その分,好きなだけ花を満喫することができ,本当に楽しい山登りでした。

 

2022年4月14日木曜日

花ざかりの八竜湿地

 みなさんこんにちは,よしだです。

 4月になりました。春休みが終わって学内もにぎやかになり,木々は日に日に新緑色に染まってきました。

 八竜湿地に行ってみるとまさに花ざかり! 春らしい景色が広がっていました。

八竜湿地の定番写真です
木々の新緑とコバノミツバツツジのピンクで春らしい彩りとなっています

コバノミツバツツジです
そろそろ花は終わりかけのようですが,まだまだきれいです

 湿地の一角ではマメナシの花も咲いていました。桜に似ていますが,こちらは真っ白な花を咲かせます。花が少ない個体もありましたが,こちらの個体はかなりの花をつけていました。

 八竜湿地の下流にある新池を見ると,カメが甲羅干しをしていました。クサガメでしょうか。とてものんびりしています。

 2020,2021年度は新型コロナウィルス感染症の関係で,KSCの活動はほぼ何もできなかったのですが,それでもKSCの活動に興味を持ち,入部したいという学生さんが,この4月以降だけでも何人もいて嬉しく思っています。今年は少しでも活動できるようになってほしいものですね。


2022年3月7日月曜日

豊田市美術館「生き物の色とかたち展」

 みなさまこんにちは,よしだです。

 先日,金城も加盟している東部丘陵生態系ネットワーク協議会でつながりで,豊田市役所の方から,豊田市美術館で開催中の「生き物の色とかたち展」の案内をいただきました。

 「美術館」で生き物?と誰もが思いますよね。生き物を展示しているのは普通「博物館」ですから。その意外性が面白くて,私も見に行ってきました。

 普段美術とはあまり縁のない生活を送っている私は,豊田市美術館を訪れること自体初めて。でもせっかく来たのだからと,企画展も含めて網羅できる観覧券を購入し,少々ドキドキしながら(?)足を踏み入れました。企画展として,現在行われているのが「サンセット/サンライズ」という展覧会。美術に疎い私にとって,そこに表現されている世界観は,「一体何なの?」という場面が多かったのですが,だからこそ,自分が思う常識とか,普通といったものが,他の人から見たらもしかしたら「一体何なの?」かもしれない?という気がして,ちょっとおもしろい経験ができました。

 そんな感じで少々頭がクラクラしつつ,最後に訪れたのが「生き物の色とかたち展」。

入口から見た「生き物の色とかたち展」です
常識的な範囲で撮影OKです

 何でしょう,この安心感(笑)。空想の世界から,地に足のついた世界に戻ってきたような感覚です。昆虫や動物などの標本が多く展示されていますが,やはりここは美術館。特に生き物の写真は「えっ?」と思わされました。生き物を美術館が「料理」したらどうなるの?が,もっといろんな美術館で広がったら面白いだろうな,と思います。

「生き物の色とかたち展」を主催する豊田市自然観察の森の該当ページです。この展示は3月13日までの開催です。

https://toyota-shizen.org/index.php/2022/01/26/2307/