2019年1月17日木曜日

都市のタヌキ

 みなさまこんにちは,よしだです。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 さて下の写真は,このお正月にたまたま見つけて撮ったものです。場所は地下鉄市役所駅から東に200-300 mくらいのところでしょうか。瀬戸線東大手駅に近いあたりです。
 「公園で」と書かれていますが,この付近は名古屋城の外堀にあたるので,それを指しているのでしょうか。このような看板が出るくらいですから,かなりの目撃情報があったのでしょう。
 
 外堀の中ならタヌキも安心して過ごせそうですが,えさを求めてこのような場所に出てくるのかもしれません。背後の車道は通称「出来町線」で,道路の中央をバスが走っている道です。この時はお正月で車も少なかったのですが,普段なら相当な交通量のある道です。 都市に住む動物にとって車は大変危険で,タヌキも事故に遭わないようにしてほしいですね。
 

2018年12月29日土曜日

トヨタの森の「ヤゴ観察会」に参加しました

 みなさまこんにちは,よしだです。
 
 ようやく冬らしい寒さになってきたと思ったら,今日(12/29)は名古屋で積雪に。昼間も気温が上がらず寒いですが,雪景色は普段と違う景色になってわくわくします。
 
 さて,一週間前のことになりますが,豊田市の「トヨタの森」で開催された「ヤゴ観察会」に参加してきました。これは,夏にトヨタの森で開催されたイベント,「作って実践!トンボ観察会」に参加したとき,ヤゴのことを勉強できたら面白いかも?ということで企画されたものです。
https://kinjosatoyama.blogspot.com/2018/07/blog-post_15.html
 
 午前中雨が降って天気がちょっと心配でしたが,ヤゴについての講義の間に雨が止んできました。実際にヤゴのいそうなところに行って捕まえて,詳しく観察するのがこの会の目的なのですが・・・
グループに分かれてヤゴを探しています
 
 私は夏のトンボ観察会で同じグループになった「わっさーさん」とまたグループを組んでさがしたのですが,なぜかヤゴが見つかりません。魚とか,貝とか,他の虫とかばかり。
魚はよく捕まるんですけどね・・・
 
 あちこち歩きまわってようやく4匹のヤゴを捕まえることができました。
左上と,中央上がヤマサナエ
右下の大きいのがギンヤンマ
(なぜかバッタが左端にいます・・・笑)
  
 これは他のグループの方が捕まえたハッチョウトンボのヤゴ。ほかに比べるものがないのでわかりづらいですが,これもやはりとても小さいです。
 
 トンボはどうしても空を飛んでいる成虫の姿しか思い浮かばないですが,ヤゴはヤゴでこれまた大きさや形に違いがあって面白い世界でした。
 
 会のあとは有志で忘年会に(笑)。こちらもまた楽しいひと時でした。今回この会を企画してくださったトヨタの森の方に感謝いたします。
 
 さて,このブログも今日が今年最後です。
 2018年もお読みくださりありがとうございました。来年もまた楽しいブログが書けるよう,KSCでいろいろなイベントをしたり,観察をしたりしたいと思います。来年もまたよろしくお願いいたします。
 

2018年12月11日火曜日

里山学習講座「里山でクリスマスリースを作ろう」を開催しました

 みなさまこんにちは,よしだです。
 
 ようやくこの時期らしい気候が続いていますが,大学では先週の土曜日,里山学習講座の第3弾となる「里山でクリスマスリースを作ろう」を開催しました。例年多くの方にご参加いただいていますが,今年は50名を超える応募があり,一時はスタッフが足りない!と慌ててしまったほどです(汗)。
 
 で,当日。講師の小野先生からみなさんにごあいさつです。スタッフも10名が集まり,万全の態勢でスタートです。
 
 まずはリースの枠になるツルを採取するため,W5号館北側のクズ原に向かいます。クズの黄葉がきれいですが,斜面なので,鑑賞している余裕はなかったようですね・・・。
 
 とってきたクズのツルをその場で巻いていきます。たくさん取れましたね。
 
 続いて森に移動です。リースの飾りつけに使う植物の採取ですが,森に向って歩いている間にも木の実やどんぐりなど,いろいろ見つかりました。
 
 午後からは工作室に戻ってリース作りです。みなさんとっても楽しそうです!
 
 クリスマス気分を盛り上げていただくために?リース作りだけでなく,蜜ろうキャンドル作りもしていただきました。ミツバチから採れる蜜ろうをシート状にしたものを巻いてキャンドルに仕上げていきます。
 
 立派な作品ができ上がっていますね!
 
  盛況のうちにこの講座も終わり,今年度の金城の里山学習講座は無事に3回とも終了しました。多くの方に,身近な森である里山に関心を持っていただけたのではないかと思います。参加されたみなさま,ありがとうございました。スタッフのみなさん,おつかれさまでした。
 
 
 

2018年12月1日土曜日

里山学習講座「里山で炭焼きを体験しよう」を開催しました

 みなさまこんにちは,よしだです。
 
 里山学習講座の第二弾,「里山で炭焼きを体験しよう」を本日開催しました。今年は募集定員10名がすぐ埋まりました。ありがたいですね。
 
 講義棟に一度集合してから炭焼き小屋に移動し,まずは前回焼いた炭を取り出します。これは参加者のみなさんへのお持ち帰り用で,窯が空いたらそこへ今回焼く生の竹を入れていきます。ご覧の通り,子供さんたちが大活躍です!
どんどん竹を詰めていきます
 
河村先生ご自慢の?バーナーで着火していきます
 
そして交代しながらうちわであおぎます
 
 今回も1時間弱煙に巻かれましたが,火が安定して落ち着いたころ,地元ケーブルテレビ局の「グリーンシティケーブルテレビ」の方が取材に来られました。今回の講座の講師,河村先生がインタビューを受けていました。 
 
 子供さんたちは炭焼きだけでなく,この里山の森も気に入ったようで,森の中の遊具や切り株などで思いっきり遊んでいました(^_^) そして午後からは竹割りに挑戦です。これもまた普段はなかなかできない体験ではないでしょうか。
かなり太いモウソウチクを切っていきます
 
 切ったタケは河村先生がナタで割っていきます。割れる時にパカーンと大きな音がするので,子供さんたちは興味津々。
 
 真ん中で座っているお母さん,何をしているかと言うと,「咲いた,咲いた,チューリップの花が・・・」と童謡の「チューリップ」を竹で演奏しているのです! 長さは同じでも太さが違う竹を並べて音階を作っているのですね。すごい!
 
 このあと窯の中の温度は600度に達し,煙が青白くなってきました。お昼過ぎに仕込んださつまいもが焼けて,みんなでおいしくいただいたのち,窯を閉じて終了となりました。
 
 今回も里山の営みを楽しく学んでいただけたのではないかと思います。このような活動を通して,里山・自然をより一層身近に感じていただけたら,私たちも開催した甲斐があったと言えますね。みなさまおつかれさまでした。
 
*なお,今回の取材の内容は,下記の日程で放送される予定です。ぜひご覧ください。

・そらまめ通信
 <12ch> 
 12/4(火) 18:50~,20:50~,21:50~,22:50~,23:50~

・そらまめ通信ウィークリー
 <12ch> 
 12/8(土) 7:25~,19:00~,22:35~
 12/9(日) 16:15~
 <11ch>
 12/8(土) 13:00~
 12/9(日) 14:00~
  

2018年11月26日月曜日

里山学習講座「わら縄で正月飾りを作ろう」を開催しました

 みなさまこんにちは,よしだです。

 11月24日(土曜日),今年度の里山学習講座の第1回となる「わら縄で正月飾りを作ろう」を開催しました。今回一般の方26名がお越しになりました。いつものように,里山プロジェクトの授業でお世話になっている豊田市大野瀬町のみなさんのご指導で,まずはわらを縄に編んでいきます。
屋外での作業ですが,
天気が良くて何よりでした
 
 昨年のこの講座では,大野瀬町産の自然薯でとろろご飯をお昼にふるまったのですが,今年は新しい企画を取り入れました。何やらお米をせいろにセットしていますが・・・

 そのせいろを,薪の火で煮えたぎる釜の上に乗せて・・・ 

 参加者のみなさんが縄を編んでいる奥でお米を蒸す煙が上がっています。 これは一体?!
 
 ここで話がそれますが,そのころ上空を一羽の猛禽類が! 視察に来られた県庁の方と「オオタカですかね?それともハイタカですかね?」と話をしていたのですが,写真を拡大して明るく調整すると,お腹の白さや顔の模様などからミサゴのようですね。
悠々と飛んでいました
(この写真はかなりトリミングしています)
 
 話は戻って,先ほど蒸したお米,あれはもち米でした。というわけで蒸しあがったら餅つきの始まり~!!! お子さんも興味津々で,積極的に餅つきをしてくれました。
ちゃんとした杵と臼で,
本格的についていきます

 そのころ室内では,お餅につける大根おろしづくりが行われていました。この3人の学生さんは食環境栄養学科の所属で,桂むきも実習で既にやったそうで,さすがに手つきが慣れています! 

 つきたてのお餅をいただきます。大根おろしのほか,きなこ,あんこ,海苔巻きで食べていただきました。 
つきたてはおいしいよね~

 で,午後は里山の葉や実などを取ってきて飾りを作ります。伝統にとらわれず,ここは自由な発想で作っていただきましたが,ちゃんとお正月らしい雰囲気が出ていますね。

 まだお正月には早いですが,参加者のみなさんに満足していただけたようで何よりです。
 講師を務めていただいた大野瀬町のみなさん,スタッフのみなさんもおつかれさまでした。

 次回は里山学習講座の第二弾,「里山で炭焼きを体験しよう」の開催です。 
 

2018年11月18日日曜日

Let's エコアクション in AICHI に出展

 みなさまこんにちは,よしだです。
 
 きょう11/18(日曜日),金山駅前のアスナル金山で開催された環境イベント,Let's エコアクション in AICHI にブース出展を行いました。金城の里山を紹介するポスター展示と,ぶんぶんゴマづくりという内容です。
 
 が・・・
 今回はいきなりトラブル発生! しかもとんでもないトラブルが!
 
「コマを大学に忘れてきた・・・」
 
 そう,前回炭焼き小屋で輪切りにし,実験室で穴を開けたコマを,大学に置き忘れてきたのです! なんてアホなんでしょう(泣)。学生さんを現地に残し,私一人で大学まで往復して取りに行きました。きのうも22時まで仕事で疲れていたから・・・というのは言い訳になりませんね。ごめんなさい。
 
 こんなことがあってスタートが遅れてしまったものの,いざ始めてみると親子を中心に続々と人が集まりました。中には90歳を超えるという女性も。小さいころ遊んでなつかしいと言ってくださいました。
 
 ステージではこの日,地元のアイドルユニット OS☆U のパフォーマンスステージが3回開催されていたのですが,その間を縫ってメンバー7名もぶんぶんゴマづくりに来てくださいました。また,2005年愛知万博のマスコットキャラクター,モリゾーとキッコロも森から抜け出し,会場内の様子を見に来ていました。
今なお人気のモリゾー・キッコロです。
注)モリゾー・キッコロがぶんぶんゴマづくりをしたわけではありません(笑)
 
 そしてなんと大村愛知県知事の視察も! 里山の木を使って遊び道具を作っていることに興味を持っていただいたようです。
大村知事がコマを手に取って見ています。
この写真は愛知県自然環境課の方に撮っていただきました。
 
 時間はあっという間に過ぎて,16時の終了時間を迎えました。それまで人が絶えることはなく,今回学生さん1人+私の2人だけで,お昼も食べながら応対という状態でした。人手が足りずしんどかったものの,多くの方に楽しんでいただき,かなりの手ごたえを感じた一日でした。
 
 

2018年11月16日金曜日

ぶんぶんゴマの材料作り

 みなさまこんにちは,よしだです。
 
 きょうは森の中で拾った適当な太さの枝から,ぶんぶんゴマの材料作りをしました。というのも18日(日曜日)にアスナル金山で開催される環境イベント「Let's エコアクション in AICHI」にKSCが出展することになり,ぶんぶんゴマを作る工作教室をするからです。

Let’s エコアクション in AICHI の開催チラシはこちら ↓
https://www.pref.aichi.jp/uploaded/life/214393_602699_misc.pdf
KSC の名前も下の方に出ていますよ~

 とは言っても今日も助っ人なしの一人作業です(トホホ)。電気が来ている炭焼き小屋に電動丸ノコを持ち込み,どんどん切っていきます。以前これを実験室でやったら,おがくずで大変なことになってしまったので,外でやるに限りますね(苦笑)。そしてこれを実験室に持ち帰りました。
たくさん切りました
実験室なので試薬とかも写ってますが・・・

 今度は下に見えるドリルを使って木に2つの穴を開けていきます。厚すぎるものはぶんぶんゴマに向かないので除けましたが,それでも100個以上は準備できました。

 あとはペンとか展示用のポスターとかを持って日曜日に向かうだけです。たくさんの人にブースに来ていただけることを願っています。